辛い就活から脱出!就職試験に合格できる自己分析法教えます

archive

文学部って就職に不利なの?経済学部か法学部の方がいい?

文系学部の中でもとりわけ就職に不利とされているのが文学部。しかし、教員や司書、書店に出版社、学芸員、それに連なる企業など、選択肢は意外と幅広いものです。せっかく希望の学部に入ったのならば、悲観せず生きがいとなる職に就けるよう就職活動を行いましょう。

長所と短所が知りたいって…短所はない方がいいんでしょ?

履歴書において定番の質問、長所と短所ですが、採用担当者も人間が完璧ではないことは理解していますから、正直に記入しましょう。長所と短所は表裏一体なので、長所の方が目立つよう、短所を書く時は最後に今後改善する意志があることも述べておきましょうね。

趣味や特技って特別にないんだけど、書かなきゃダメなの?

意外と書き方に困るのが、履歴書の趣味、特技欄。しかし、幾ら思いつかないからといって空欄にするのは基本的にNGです。逆に面白いと思われる場合もありますが、それは他に魅力を感じられる要素があるから。自分は平凡であると思うなら、些細なことでも何かしら記入しましょう。

志望動機がよく分からない。正直あんまり気乗りしない会社だし…

履歴書の志望動機、就活生にとって悩みの種ですよね。仕事というものを本気でやりたいと思う人はほぼいませんから、どこを志望すればよいか分からないという方は「就職」ではなく「希望の未来」を考えましょう。そこに到達するまでの道のりを考えれば、自ずと答えは現れます。

フリーターだけど書類審査に受からない!どこがいけないの?

フリーターの中には、いずれは正社員に、と望まれている方も多いでしょう。しかし、初就職は年齢と共に徐々にハードルが上がるものですから、早めに行動に移すことをお薦めします。履歴書や職務経歴書ではバイト経験がいかに有意義なものであったかをアピールしましょう。

50社もエントリーしたのに、全然審査に通過しない!なんで?

就活の際、エントリーシートを欲張って50社、100社と提出する人もいますが、それよりも厳選した企業10社一つ一つに丁寧に書いて送る方がより効果的です。記入する時は具体的なエピソードを挙げながら結論が明確になるよう心がけ、伝わりやすいESを目指しましょう。

企業の合同説明会って何すればいい?自己アピールはどの程度?

就活の際の「合同説明会」。企業が自社をアピールする大事な場ですが、就職希望者の皆さんにとっても有意義な時間になり得ます。事前に参加企業を調べ、当日はパンフレットや名刺を積極的に頂く、名前を知らない企業の説明を敢えて聴くなどして、有効的に利用しましょう。

営業は嫌だし、事務も地味だし…希望職種に何を書けばいいの?

営業も嫌、事務も向いてない…どの職種に就職しよう?と悩める方は多いと思いますが、まず転職活動中の方は、なぜ以前の会社を辞めたのか?を振り返ってみましょう。「絶対に我慢できないこと」と「絶対にできないこと」だけを除いて考えれば選択肢は広がり効率的に活動できます。

就職したい業界が見えない…どうやって自己分析すればいい?

希望業界、職種と一口に言っても掴みづらいですよね。一見同じ職種でも営業事務、製造事務など、会社によってどこまで任せるかは違ってきます。出来る限り理想の環境で働けるよう、些細な好みで構いませんから「好きなもの」を考え、可能なら企業訪問を行い雰囲気を知りましょう。

就活前って何を準備すればいいの?スーツ?写真?履歴書?

周りのお友達が次から次にリクルートスーツになり、就活の雰囲気が広がると緊張しますよね。しかし、急にスーツを購入する必要はありません。業界によっては私服面接や茶髪OKもあり得ますから、事前に自分の入社したい会社を調べ、傾向を知ってから事前準備しましょう。

Previous Posts Next posts