仕事にやりがいを感じたい!向いてる職業に就きたいけど…

Q.経済学部に通っています、大学4年生の女です。友人は沢山でき、サークル活動も充実してそれなりに楽しい思い出ができました。そこでいよいよ就職活動を迎えたのですが、どうせなら好きになれる仕事、生きがいにできる仕事に就きたいと思っています。企業の講演会や説明会には積極的に参加していますし、精一杯企業研究をしているつもりです。しかし、今ひとつ何がしたいのか分からず…向いている仕事ってどうやったら知れますか?

A.はじめから「向いている仕事」は存在しません。

仕事というのは生きてゆくため、賃金を得るためにやることだと弁えてはいても、日常生活の大部分を占めるからにはやりがいや生きがいを感じたいと思いますよね。そのためには自分が必要とされる仕事、向いている仕事がしたいと思うもの。しかし、その実「向いている」仕事というのは、実はほぼ存在しないのです。

「好きになれる仕事」とは、あなたにとってどういうものでしょう?自分が評価される仕事でしょうか?それとも、自分の好きなことができる仕事でしょうか?それともデスクに座っているだけで構わない、極力忙しくない仕事でしょうか?それすらも分からずに「向いている仕事」を急に見つけることはできません。評価されたければまずは「得意なこと」を探すべきですし、好きなことをしたければそれが何かを見極めねばなりません。暇な仕事についてはもはや運としか言いようがありませんが、出来るだけ有意義な仕事がしたいと願うなら、第一にそれを改めて見つめ直してみましょう。