フリーターだけど書類審査に受からない!どこがいけないの?

Q.長年フリーターをやっていましたが、もう三十路を迎えるので正社員として就職することを考えねばならないと思っています。そこで一念発起してハローワークへ行き、何社か履歴書を送ってみたのですが、全て面接までたどり着くこともなく不採用通知を受けました。めげずにまた送ってみるつもりではありますが、もし悪いところがあるのであれば直してから臨みたいので、見直すべきところを教えて下さい。

A.「アルバイト経験をどう活かしていくか」がカギ。

最近は高校や大学を卒業してからもアルバイトで生計を立てている、所謂「フリーター」の方が増えていると言われていますね。中には他にやりたいことがあるからと望んでそういった人生を歩んでいる方もいらっしゃいますが、ほとんどは正社員としての就職に憧れていて、30代を境に次第に焦り出していきます。しかし、その年齢に達してから就活をしても、大抵は上手くいくものではありません。

社会経験がなくフリーターをしている方は、初めての就職となると更に年齢と共にハードルが上がっていきますから、30代までとりあえず待ってみよう、などと思っているならば今すぐ就職活動を始められることをお薦めします。厳しいことを言うようですが、25歳を過ぎると選択の幅はぐっと狭まります。未経験の場合は25歳前後まで、とラインを引いているところも少なくはありません。しかし、もう既にそんな年齢は超えてしまった、という方は、これまでの人生経験、ひいてはアルバイト経験をフルにアピールしましょう。

履歴書と共に職務経歴書を送付することになると思いますが、作成方法をしっかりと確認し、過去の経歴を表に分かりやすく纏めます。業務内容の欄には単純にやったことだけでなく、新人教育や社員のサポート、バイトリーダーなどの経験があれば積極的に書いて下さい。ただ、それぞれの勤続年数があまりに短すぎると信用に欠けますから、基本的には全て1年以上続けるか、長年勤めた固定のアルバイト先がある方が望ましいと言えます。特別に資格や技能が得られる内容でなくとも、コミュニケーション能力や指導能力など、身に付いたものはあるはずです。これまでの記憶を必死に探り、出来るだけあなたの魅力を伝えて下さいね。