就職活動にお悩みの皆さんへ

就職「超」氷河期と言われる昨今、大学を出たからといって必ずしも職に就ける時代ではなくなりました。卒業してからの中途採用、転職も同じように難しいものとされています。

就活のためにどういった心構えが必要なのか分からない、何枚履歴書を送っても面接までたどり着けない、最終面接まで行ったのに落ちてしまった…就活における悩みは人それぞれ。しかし、いずれも「就職できない」という大きな問題は一緒です。

最近ではこのようなことで落ち込んでしまい、就職せずに30代を過ぎてもフリーターでいることを選んだり、派遣社員として落ち着いてしまったり、中には「就活うつ」と呼ばれる状態になり、精神を病んでしまう方も多いと言われますね。

ですが、諦めてはいけません。就職試験に臨んだ際の自分の行動、服装、書類などを見直すことで、解決の糸口が見えてくる可能性があるのです。 厳しいことを言うようですが、大勢の希望者の中で競争に敗れるのならまだしも「どこにも雇って貰えない」という場合、高確率で何かしら不合格になる理由があります。

そうは言われても自分の何がいけないのか?自分に何が足りなかったのかなんて考えても分からない…このサイトではそういった方々のために「就職に悩んだ時にどういう点に気を付けて振り返ればよいのか?」をお教え致します。

ネガティブになる必要はない!効果的な自己分析法

就職活動において最も重要とされるのが「自己分析」。ですが、言葉の意味やしっかりしたやり方は理解できているでしょうか? これは単純に言えば短所を冷静に見て、どういった職種なら仕事ができそうか、どの程度の会社が相応しいのかを考えることですが、より客観的になるよう「他己分析」として、お友達と互いに長所、短所を挙げ合う方法もありますね。

前述したように「どの会社にも受からない」人には何らかの問題点があることは間違いありません。しかし、それはあなた自身ではなくあなたの選択やちょっとしたやり方に誤解があるということです、代表的なものとしては受けるべき会社を間違えていたり、希望する職種を間違えていたり、といったところでしょうか。ですから「自分は何もできない人間なんだ」「自分はこんなに悪いところがあるんだ」と卑屈になる必要はありません。

多くの人間には必ず欠点があります。採用担当者も基本的にはそれを理解していますから、完璧な新人を求めているわけではありません。企業が欲しいと思うのは「自分の身の程をしっかりと見つめ、自分という人間をきちんと説明できる人」なのです。

そうなるためには「自分はこんなに下らない人間なんだ」などと変に弁えるのではなく、自分をまるで他人のように考え分析できることが大事です。 自分自身であると思うと、つい現実より贔屓目に見てしまったり、謙遜しすぎてしまったりするでしょう。では、どういう風に自己分析し、試験に臨むべきなのか?実際の就活生の皆さんの声を参考に見ていきたいと思います。

次からは悩める就活生の方々から頂いたご質問、ご相談をもとに、同じ疑問を抱える皆さまの心の助けになれるよう回答をしていきます。(※就活の資金が不足している場合は→→即日融資←←ここで融資を受けよう!)彼らと共に、自分に見合った就職先に出会えるよう頑張りましょう!

Posted in: archive
Posted in: archive
Posted in: archive
Posted in: archive